ちゃんと上達できたか?ゴルフ向上計画ブログ

そりゃ誰でもゴルフで良いスコアや良いショットを打ちたい!そんな風にちゃんと上達できる(?)までの道のりを記録していくゴルフブログ。おまけでグルメ記事も公開中。

*

クラブセッティングはアイアン重視にしよう

   

ここ最近クラブセッティングがわりとコロコロ変わっていたりするのだが、しばらくは下記のセッティングで行ってみようかなと定まってきた。

  • 1W(9-1) – 240Y ピン G400 MAX (2018)
  • 2I(17) – 210Y タイトリスト T-MB 718 (2017)
  • 3I(19) – 200Y ミズノ MP H4 (2012)
  • U4(22) – 195Y ピン G30 (2014)
  • 4I(24.5) – 185Y R9アイアン (2009)
  • 5I(27.5) – 175Y R9アイアン (2009)
  • 6I(30) – 165Y タイトリスト AP2 712 (2012)
  • 7I(34) – 155Y タイトリスト AP2 712 (2012)
  • 8I(38) – 145Y タイトリスト AP2 712 (2012)
  • 9I(42) – 135Y タイトリスト AP2 712 (2012)
  • PW(46) – 125Y タイトリスト AP2 712 (2012)
  • 50-8 – 115Y フォーティーン MT-28 V5 (2010)
  • 56-14 – 100Y タイトリスト ボーケイ デザイン SM6 Fグラインド (2016)
  • PT スコッティ キャメロン セレクト (ブラックミスト) ニューポート1.5 HEAVIER カスタム (2012)

1WとU4以外はすべてアイアンwww
カーボンシャフトは1Wのみwww
1W以外、シャフトの長さは40インチ以下www

1WでOBを多発していたりするので、3WやU1(15度)などのドライバー代替クラブをあれこれと模索していたのだが、やはり2Iが最も安定しているかもしれないなぁ。
もちろん、3WやU1の方が10〜20Yくらい距離が伸びる時もあるのだが、やはり飛距離も安定と実績のある2Iを中心に使用したほうが良いだろうという判断。

あとは、こっそり4Iを購入。
まぁ、R9アイアンで年式も古いので3,000円台の安価なクラブなのだが、ほぼ新品のようにキレイで、なおかつ、5Iでかなり精度の高いショットができるなど信頼性の高いブランドだったので、4Iも投入してみることに。

通常であれば、あまり4Iを入れたいとは思っていなかったのだが、競技ラウンドでバックティーからプレーする際、石狩平原の南6Hが200YくらいのPar3となっており、風などの条件にもよるのだが、3I〜5Iの選択肢が欲しかったというのがきっかけ。

これらロングアイアンが多くて難しそう、という印象もあるかもしれないのだが、実は2I/3I/4I/5Iはすべて中空アイアン。
意外と打ちやすいし飛距離もでるので、アイアン型UTみたいな感じだね。

2Iは完全にティーショット専用。
3Iはライがかなり良ければ地面からでも打つ時がある。
5Iはよほど悪いライではなければ通常に打てる。
(4Iはまだ未使用)

2Iと3Iの使い分けは、なんとなく不調であれば3Iをメイン、普通以上の調子であれば2Iをメイン、みたいな感じ。
あとは、わずかだが、2Iは若干右に行く傾向が強く、3Iは若干左にいく傾向が強いので、コース形状によって少し使い分けたりなど。

U4はお助けクラブ的な感じで、セカンドで距離を出したいときに使用。
先の話のように、ライがかなり良ければ3Iでもよいのだけども、なかなかそういう機会は少ないので、基本セカンドショット以降で距離を出したいときにはU4がメイン。
U4の方向性はわりと良くて、こちらも信頼と実績があるクラブ。UTなのでラフからも打ちやすいしね。
まぁ、セカンドで190〜200Yくらい飛べば十分だよね。
そして、U4はアプローチでもあれこれと試してみようかとチャレンジする予定www

ちなみに、U4でティーショットはほぼしたことがない。
なんとなくロフトのあるUTのティーショットは良いイメージが無いんだよね…汗

そうそう、あとウェッジはタイトリストのSM6を投入してみた。
こちらはまだ手元になくて今週末に届く予定www

 - ゴルフクラブ