スイング改造中 ボールを凝視する意識

ゴルフ練習日記




さて、少し時間が空いたので、またまた練習場へ。

前回のショット時のプロの目線が参考になり、自分のショット時の目線は、ボールを見ている意識はあるものの、意外と視線がフラフラとしてあちこちを見ていることに気が付いた。

そこで、しっかりとスイングの開始からインパクト時まで、ボールを集中して凝視してショットをしてみると、頭の位置の上下移動が少なくなるのか、ミート率が向上!

うん、この意識は結構重要で安定したショットに繋がるかも。

また、これまでは7Iをベースに練習していたが、今回から5Iをベースに練習をすることに。
やはり長いクラブに慣れておくとそれよりも短いクラブが楽に打てるようになるし、5Iだとミスが顕著に分かってくるので、スイング改造中で課題となる点が見つけやすくなる利点があると思い。

スイング改造も大分慣れてきた感があるが、それでもやっぱり、ちょっと時間が経つとすぐにスイングが元に戻りがち。
繰り返しの反復練習がまだまだ必要そうだ…。