左肩支点で安定性向上&ダウンブロー




自宅でパットやアプローチをしている時にふと気づいたポイントなのだが、左肩を支点にして打つイメージをすると、パットは真っ直ぐと狙いの方向へ転がり、アプトーチも同じく狙い通りに打ち出せつつ、さらにはダウンブローを明確に体感することができた。
ヘッドがボールに当たった後にマットにも当たるという、時間差を感じられた。

これはイイ!

と思いつつ少し調べてみると、やはりそういう考え方はあるようだね。

フルショットでは試していないので、次回の練習時に少し試してみたい。

少なくとも、パットとアプローチでは大きなメリットを得られたので、今後も意識していきたいポイントになりそうだ。

なので、左肩と左腕と、ここを一体として動きを意識していけると良い感じだろうかね。

前の記事の左腕主導の∞軌道とも意識の相性は良い感じかもしれない。