左手首の角度で大改善となりそうだが、思い通りに動かないジレンマ…

ゴルフ練習日記




前回のラウンドでスイングのコツを掴みかけた「左手首の角度」。

いわゆるトップの時に、左手首の甲をまっすぐ伸ばしましょう、という話なのだが、これを取り入れたところ、弾道の方向性はかなり良い感じに大変身www

狙ったところにイメージどおりに打てる感じでショットの精度がかなり向上された。

が、課題となるのが、その左手首の甲をまっすぐにする動きが、どうしてもうまく行かない時がある…。

これは僕個人の悩みなんだろうけども、左手首をめっちゃ意識しても、気付くと左手首が甲側に曲がって元に戻ってしまっていたり…。
どうがんばっても元に戻る…汗
何か変に力が入ってしまっているのか、左手首を甲側に曲げてしまうクセが相当強いんだろうね…。
左手首の甲をまっすぐにすると良いボールが打てるのを分かっているのに、それがうまくできないもどかしさwww

他の人達は難なくまっすぐにしているので、どうしてそういう動きができるのかがとても不思議なくらい…。

というわけで、ラウンド後にちょいと練習に立ち寄ってみた。

この動画の通り、かなりまっすぐ目に修正されているが、それでもちょいと曲がっているような気もしないではない…。
もう少しだけピンとまっすぐになるようにしていきたいかな。

しかし、これらを頑張って意識すると、M-Tracerのデータもなかなか良い感じ。

練習あるのみだね…。
ガンバろう…!