新ルールのピンを差したままパットを試す

雑談・その他




そうそう、前回のキングスロードGCのプレーで早速新ルールのグリーン上でのピンを差したままパットを試してみた。

キングスロードGCのピンはめっちゃ軽量だったので、カーボンか何かの素材と思われ、ボールがピンに当たっても弾く感じではないのでピンを差したままだとカップインする確率が高そうな雰囲気。

最初はヒゲナシさんと、ロングパットは差したままで、ショットになったら抜こうか、と話したりしていたのだが、結果的にはオール差したままパットでのプレーとなったwww

まず、ピンを差したままでもそんなに違和感が無かったので、特にパット時に支障があるようなことは無かった。
ロングでもショートでもとくに打ちにくさは感じられない。
個人的にはむしろ安心感があるwww

そして、ピンにセンターから当たれば当然カップインとなるのだが、多少センターから外れてもカップインしていたので不利になることもなさそう。
ピンの材質にもよるかもしれないが、ピンにボールが当たれば減速はする印象を持った。

まぁ、何よりも、ピンの抜き差しがないとめちゃめちゃ楽チンということ。
カップイン後にいちいちピンを差さなくても良いのは、思った以上に楽だよ。

ということでシーズン開幕したらピンは抜かない方針でいく予定。
もちろん、もし同組のプレイヤーでピンを抜きたい派の人がいれば、抜いたままパットにあわせるかなwww




カテゴリー

関連記事