テイクバックとトップ位置がしっくりきた




さて、オフシーズンからスイング改造をしているのだが、オンシーズンになってからも、ちょいちょいマイナーチェンジ的なことをしていたり。

スイング改造の成果はそれなりに感じていたのだが、どうにもテイクバックの上げ方がしっくりきていなかったんだよね。
その影響か、気がつくと変な感じでテイクバックをしていて、振りにくかったりシャンクが出たりの弊害が。
その度に、こうじゃない、と再度上げ方を元に戻したりしていたのだが、そもそもしっくりしていないので、また微妙にズレが生じしてしまうかもなーと困っていた。

そんなの時に、ふと、という感じで、テイクバックの上げ方が妙にしっくりくる時があり、これか!と良い流れになり、その後に、また、ふと、という感じで、トップの位置もカチッとハマる時があり、これか!とさらに良い感じに。

トップ位置はこれまでクラブが縦に立っている感じだったのだが、これをきっかけに地面と平行になるようにクラブが寝る感じになったのも良いなぁーと。

あとはダウンからインパクトの時には右腰をクッとボールの前に出すような感じでヒップバックして打つと、当たりもよくショット精度がぐんと向上。

まぁ、ただ、まだ慣れていないところもあり、フックやチーピンが出たりするけども、気をつければ解消するので、このスイングを自然にできるように固めていきたいものだ。