スイング改造中 スイング前の素振りについて考える




今日も屋外で練習。

スイング改造もかなり自分のイメージに通りに定着してきたので、あとはスイングのバランス維持とショットの安定をいかに高められるか、という段階かな。

ちょっと前まで、なんかショットがダメダメで、引っ掛けが多いし、地面からのショットがダフリやトップなどヒドかったのだが、今日はうってかわってひたすら好調でナイスショットが連発。


ひさびさにユーティリティも持ってきたのだが、こちらも良いショット連発。


良い影響が出たのかどうかは分からないが、ショット前の素振りについてちょっと新たな試みをしてみたり。

といっても、プロゴルファーでわりと多く見かける素振りではあるのだが、2回ほどハーフスイングの幅でクラブと身体を同期させて動かし、そして、3回目に下半身主導で腕を遅らせ、上半身と下半身の捻転を意識して素振りする。

なんかこの素振りをしてショットすると良い弾道になることが多い。

あとは、今日は手の握力がいい感じに脱力できていたのが大きいかな。
トップの時に右手の上にクラブを乗せる感じ、握るのではなく、乗せる、この脱力感が功を奏しているかもしれない。

今日のショットのイメージは忘れないようにしておきたいなー。