インパクト時の手首の角度を意識する

ゴルフ練習日記




雪がしんしんとする中での練習。

これまでの反復練習で大分スイングも固まってきたかなーと思うので、今回から次のステップへ以降してみる。

今度はインパクト時の手首の角度を意識しての練習。
いわゆるハンドファーストになるよう、左手首は掌屈、右手首は背屈させる感じだね。

これはね、意外とすぐに適用可能な感じだったwww
身体全体の動きはなかなかすぐにうまく行かないけども、手首だけとか小さい動きは調整がしやすい印象がある。とはいえ、ここを意識したがために力んでしまったりリズムが速くなっては意味がないのでそこは注意しつつ。

これを意識するといつもよりワンテンポ遅れてボールに当たるような感じになる。
なので、身体の軸というか、いわゆる左の壁、みたいなものも最後まで頑張ってキープしておく必要がありそう。とりあえず、クラブヘッドがボールに当たるまでしっかり見て頭を残すっていうのが個人的には良い感じだった。

これがうまく打てると右にボールが出て左に戻ってくるようなキレイなドローの弾道になる。

シーズン開幕まで、この動きを何とか固めていきたいものだ。